しまつの部屋

しまつと申します。文章書いたり4コマ漫画描いたりしてます。TwitterID:Shimatsu916 よろしくお願いします。

楽しい簿記講座

 

f:id:shimatsu2:20170508222150p:plain

こんにちは。楽しい簿記講座へようこそ。

本日講師を務めます、"しまつ"と申します。

 

「簿記って名前は聞いた事あるけど、どんな事をするの?」「興味があるけど簿記って難しそう。。。」「簿記って勃起に響きが似てるなぁ。」

そんなことを思っている皆さんに、楽しく学んでいただけるよう精一杯頑張りますので、よろしくお願いします。

とりあえず三人目のやつは帰ってください。

 

ではさっそく講義に入りましょう。

 

 

Chapter1〜基本用語〜

 

 

f:id:shimatsu2:20170508221842p:plain

まずは簿記の基本用語をご紹介します。

下の図を見てください。

 

 

(商品) 100 | (現金) 100

 

 

f:id:shimatsu2:20170508232822p:plain

具体的な見方は後々説明しますが、まず数字は金額を表します。

 

商品、現金と書かれている部分ですが、これを簿記では科目(かもく)と呼びます。

簿記の科目には「資産、負債、純資産、収益、費用」の5つの種類があります。

それぞれ

 

資産、費用

 ・・・増えたら左側に、減ったら右側に

 

負債、純資産、収益

・・・増えたら右側に、減ったら左側に

 

このような特性があります。これも詳しくは後々説明していきます。

…何言ってんのって顔しないでください。

 

 

f:id:shimatsu2:20170508232822p:plain

また、左側(商品が書かれている方)を借方(かりかた)、右側(現金が書かれている方)を貸方(かしかた)と呼びます。

 

どっちがどっちかわからなくなったときは、借方の"り"の字は左に払う、貸方の"し"の字は右に払うと覚えると良いでしょう。

…何言ってんのって顔しないでください。

 

そしてこの図の全体のことを仕訳(しわけ)と呼びます。どんなに複雑な会計もこの仕訳が基本になります。 

 

 

f:id:shimatsu2:20170508232822p:plain

さて、駆け足ではありますが、以上で基礎用語の紹介を終わり、次は仕訳の例を紹介し、どのように読むのかを説明していきます。

 

 

Chapter2〜仕訳〜

 

 

f:id:shimatsu2:20170508232822p:plain

では実際に仕訳の例を見てみましょう。

下の図を見てください。

 

 

(仕入) 50,000 | (現金) 50,000

 

 

f:id:shimatsu2:20170508232822p:plain

借方に仕入、貸方に現金という科目がきていますね。

これは「50,000円の商品を仕入れて、現金で払った」ということを意味しています。

 Chapter1で使用した言葉を使うと「仕入という費用が発生し、現金という資産が減った」とも言えます。

Chapter1では「商品」という科目を使用しましたが、この「仕入」という科目の方がよく使用されるため、こちらで覚えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shimatsu2:20170509230415p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shimatsu2:20170509230543p:plain

さて、次の例を見てみましょう。

 

 

(交際費) 300,000 | (現金) 300,000

 

 

f:id:shimatsu2:20170509230543p:plain

 「交際費」とは仕事のお得意様と食事をした際などに用いられる科目です。

ビジネスシーンで使用される科目なので、覚えておいて損はないでしょう。

これは交際費という費用が発生し、現金という資産の減少を意味しています。

 簡単に言えば食事会の費用を現金で払ったことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shimatsu2:20170509234840p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shimatsu2:20170509234928p:plain

さて、次が最後の仕訳例です。

ご覧ください。

 

 

(現金) 1,000,000 | (借入金) 1,000,000 

 

 

f:id:shimatsu2:20170509234928p:plain

これは借入金として現金を得た場合、つまりお金を借りた場合のしwake...........

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shimatsu2:20170510002034p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shimatsu2:20170510002153p:plain

いかがだったでしょうか?

拙い説明でしたが、少しでも簿記に興味を持っていただければ幸いです。

 

ご利用は計画的に。

それではこれで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shimatsu2:20170510004326p:plain

 

 

 

 

 

・参考

『スッキリわかる日商簿記3級 第5版』 滝澤みなみ著, TAC出版, 2007/11/29