しまつの部屋

しまつと申します。文章書いたり4コマ漫画描いたりしてます。TwitterID:Shimatsu916 よろしくお願いします。

【テキスト】最寄駅を間違えていた話

灯台下暗し」

人は身近なことには案外気づきにくいものらしい。

最近こんなことがあった。

 

 

 

 

現在私が住んでいる家は最寄り駅(仮にA駅とする)から徒歩約15分。

昨年の10月から住み始めた。

坂の上にあるため特にこの時期は辛いが、歩けない距離ではないし、町の雰囲気も悪くないように思うので、まぁいいかと思っていた。

 

住んでからわかったことだが、家から徒歩10秒のところに音楽スタジオがある。

趣味で楽器を弾く筆者にとってはうれしい限りだ。

 

そんなことを言いながらも何となく気が引けてそのスタジオを今まで利用したことがなかったが、重い腰をあげ電話をしてみようと思い、スタジオのホームページを見てみた。

 

電話番号をスマホのメモ帳に保存した後、何となく他のページを見ていた。

アルバイト募集、料金システム、アクセス・・・・

このアクセスのページを見た際あることに気づいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「この家の最寄駅A駅じゃなくね・・?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A駅から会社の最寄駅までは地下鉄一歩。

会社の最寄駅からみて1駅手前の駅(仮にB駅とする)の方が家から近い。

 

f:id:shimatsu2:20170723201932j:plain

※ざっとこんな感じの関係。もちろんA駅から会社の最寄駅の間に何駅かある。

 

調べたところ家からB駅は徒歩約7分。

A-B駅間は恐らく2分ほどなので、B駅から通勤した方が5分ほどの短縮になる。

 

今日実際にB駅まで歩いてみたけど確かにこっちのが近いし、何より坂道が少ない。

 

いや、確かに最初に来た時「不動産からもらった情報だと最寄りから徒歩7分なのに、なんか遠いな〜」とか思ったけどさ。

まさか駅間違えた?

 

 

ちなみにA駅とB駅は距離が近いこともさることながら、名前が似ている。

漢字にして1文字違いだ。

 

しかしこれ会社に申請しようか・・

「すみません最寄駅一文字間違えてたのら〜」ってか。

理由がアホらしすぎる・・

絶対「10ヶ月近く住んでてなんで気づかなかったの?」ってカウンターパンチくらうよ〜。

 

 

 

また私の暑い夏(坂道を登るので)が始まりそうだ。