しまつの部屋

文章書いたり4コマ漫画描いたりしてます。よろしくお願いします。twitter→@Shimatsu916

【テキスト】真のおしっこ攻撃

※本記事には汚い表現が含まれます。

 

 

 


ここ最近訳あって幼稚園〜小学校低学年くらいのお子さんと触れ合う機会があった。

 

彼らはじゃれ合うときは大体うんち、ちんちん、おしっこ的な単語を連発しており、時代が流れてもそのくらいの年齢のスタンダードが変わっていないことに大変安心した次第である。

 

ある男児がじゃれ合いのなかで「おしっこ攻撃」という単語を頻発させていた。

当然相手に対してリアルガチでおしっこを引っ掛けるわけではなく、言葉で言っているだけなのであるが、無邪気な彼らを見るとこんなことが頭に浮かんだ。

 

f:id:shimatsu2:20170903144309p:image

 

君たちはまだお茶くらいしか知らないかもしれないが、大人になるとコーヒーや酒といった更に利尿作用の高い飲料を嗜むようになる。

 

飲み会なんぞあろうものならそれはそれはおしっこが近くなる。
男でもトイレ待ちで行列ができるほどた。

 

「男でも」といったが、そもそも「女子トイレは混みやすい」みたいなのも共有できないかもしれない。

 

段々おしっこのキレも悪くなるだろうし、仕事が激務で血尿が出るかもしれない。

ちんちんをパンツにしまったときにジワーっと出てくるやつ(私はこれを個人的に『ゴールデンドロップ』と呼んでいる)もまだ知らないかもしれない。

もしかしたら尿結石や糖尿病といった病気を患ってしまうかもしれない。

 

つまり大人になるとおしっこ周りに変化が起きるのだ。
それが大人になるということなのかもしれない。 

 

そう、君たちの「おしっこ攻撃」はまだ始まってすらいない。
成人してからが本当の「おしっこ攻撃」の始まりなんだ、と。

 

これから大人になり、トイレで「なんだか酸いなぁ」なんて感じたときに、この日記を思い出して欲しい。

 

 

 

何を言ってるんだ俺は。