しまつの部屋

文章書いたり4コマ漫画描いたりしてます。よろしくお願いします。twitter→@Shimatsu916

【テキスト】機械翻訳はかく語りき

 仕事の関係でベトナムの子会社に出張したことがあるのだが、その際に何人かのベトナム人スカイプの連絡先を交換した。

 

スカイプをやっている人は分かると思うが、ツイッターのタイムラインみたいな感じで一言呟ける感じの機能がある。

 

 連絡先を交換したベトナム人もたまーに何かしら呟いているのだが、当然基本的にはベトナム語で呟くため、日本人である私には何を呟いているのかわからない。

 

そこでGoogle翻訳にて翻訳してみるのだが、機械翻訳なので微妙に変なところはあるにせよ、なんとなーく「良いことあったのかな?」とか「イライラしてるのかな?」ぐらいの雰囲気は伝わってくる。

 

しかし上記したとおり機械翻訳のため、たまに「おいおいどうした?」という翻訳結果が表示されることがある。

 

そこで最近ちょっと面白かった翻訳結果をここに載せようと思う。

 

 

 

1.『すべての女王を歓迎する』

 

 一瞬SMにでも目覚めたのかと思わせる内容だ。

簡単に調べたところ何かの慣用句のようだったが、直翻訳されてしまったようだ。

 

関係ないが「すべての」という言葉は機械翻訳界のパワーワードだと勝手に思っている。

 

 

2.『トムのエキサイター!』

「Hey!トム!今日も君はエキサイターだねぇ!」などというアメリカンで小気味の良い風景が浮かんでくる。

 

ちなみにエキサイターの部分は原文も英語でExciterと書かれており、ベトナム語翻訳ではそのままカタカナになってしまった。

Exciter自体の意味は「刺激するもの」みたいな意味なので、何か刺激的なことがあったのだろうか。

 

 

 

3.『すべてのキーボードの背後には英雄がいる』

 

その昔、伝説の英雄タイピンティヌスが使ったとされるキーボードがあった。

勇者が死してもなお、その魂はキーボードに収められている…

 

みたいな物語を想像してしまった。

個人的にはこれが一番面白かった。

 

伝説のキーボードで打った文字には勇者の力が宿るのかもしれない。

 

しかしこれ、ホントはどういう意味なんだろう。

キーボードがチャタリングでも起こしたのだろうか。

 

 

こうしたちょっと変な日本語はよくネタにされるが、そういうのはきっと機械翻訳が生み出した産物なのだろう。

 

機械翻訳に異文化情緒を感じる筆者であった。