しまつの部屋

文章書いたり4コマ漫画描いたりしてます。よろしくお願いします。twitter→@Shimatsu916

【テキスト】妖怪金持ち

もしかしたら私の周りに偶然にもそういう人がいた、というだけなのかもしれないが、皆さんの周りに「妙に金持ちな奴」っていなかっただろうか。

 

筆者の大学時代の話だが、サークルで各学年に1人はこの「妙に金持ちな奴」 がいた。

 

一人暮らしかつ特にバイトなどもしていない、加えて自炊しているわけでもない(生活を切り詰めているわけでもない)のに金に困っている様子が1ミリもない(むしろ金ならある、というテンションの奴すらいた)奴である。

 

当時の私としては「い、いったいいくつ臓器を売ったらあんな余裕が生まれるんでやんすか!」と治験のしすぎでホルモンバランスががしゃがしゃになった肉体から絞り出すように嘆いていたわけだが、冷静に考えたら彼らの財源はパピーマミーに他ならない。

すみません治験のしすぎはウソです。

 

しかし人間上げた生活水準を下げるのは難しいようで、家の方針で仕送りがなくなった元妙な金持ちの先輩はめちゃくそ苦しんでいた。

 

ちなみに念のために言っておくと、本記事では「妙な金持ち」を叩く気もないし、頑張ってバイトして金を貯めてた人を褒め称える内容でもない。

 

 

にしても彼ら「妙な金持ち」には不審な点が多いのではないだろうか。

彼らは本当にただ「親からの仕送りで暮らしていた」だけなのだろうか。

 

筆者としては、この事実に霊的な何かを感じずにはいられない。

彼ら「妙な金持ち」に隠された秘密を、数々の難事件を解決してきた霊能力捜査官、マリア・リチャードソンが今解き明かす。

 

 

 

 

ていう内容で特番組んだら面白そうじゃないですか?